児童養護施設みんせいかん|社会福祉法人 宮崎福祉会

施設紹介

施設内紹介

園舎の様子

食堂・多目的ホール 幼児室 居室
子どもたちの成長に重要な場として食堂を建物の中心におきました。 天井が高く開放的なホールへとつづき地域交流・ コミュニケーションの場としても幅広く活用しています。子どもたちが弾くピアノの音色も最高です。 中庭が目の前に見えて日当たりも良いのでゆったりと過ごせています。コーナーで好きな遊びを楽しんでいます。 年齢・子どもの特性に合わせて2人部屋・1人部屋にしました。2人部屋は畳でゆっくりできるように、1人部屋は子どもに大人気のベッドを置きました。
学習室 親子生活訓練室 中庭
木の香りの中で落ち着いて学習ができるように配慮しました。小学生は学校から帰ると、おやつを食べてさっそく宿題にとりかかります。中学生も一緒に学習します。テスト期間等はアコーディオンカーテンを使って、より集中できるようにしました。 保護者との交流を持ち親子関係の再構築に向けた支援をしていく場として設けました。又、就職を控えた子どもの自立支援の場、地域の方々とのコミュニケーションの場としても利用できます。  記念樹の桜・ブルーベリーの木を植えて、子どもたちの成長と共に楽しみます。芝生の緑がとてもきれいで心を癒してくれます。
心理療法室 相談室 小規模グループホーム
心のケアを必要とする子どもを対象にセラピーを行います。 又、SST等療育的対応にも取り組んでいます。 心理療法担当職員が待機し、自由に誰でもカウンセリングできる時間も設けています。  くつろいだ雰囲気の中で、子どもが気持ちを言葉にして言えるよう配慮しています。  現在、中高生男子6名が生活しています。食卓を囲んで団欒の様子が微笑ましいです。調理しながらの会話も座っている子どもとの目線を同じくするため段差に配慮しました。

 

ページの先頭へ戻る