住吉中央保育園|社会福祉法人 宮崎福祉会

施設紹介

目標

(1) 保育理念

  児童福祉法に基づき保育に欠ける乳幼児を保育することを目的とする児童福祉施設です。
  保育園における保育は、ここに入園する乳幼児の最善の利益を考慮し、保護者や地域社会と
  力を合わせ、福祉を積極的に増進し、地域における広い意味での家庭援助を行います。


(2) 保育方針
    笑顔・愛情・安心をモットーに
①信頼される保育園 ②地域に根ざす保育園 ③組織力のある保育園

 1、“一人ひとりの笑顔があふれ、親と子がともに育つ保育園”づくりを目指します。
 2、こどもや家庭に対し分け隔てなく、どんな場合でも、子どもの人権に配慮し,一人一人を
   尊重した保育を行います。
 3、あそびや自然の中での直接体験を通し、丈夫な体、優しい心、豊かな感性を育みます。
 4、地域、家庭、学校等との連携を持ち、子育て支援の核となるよう、気軽に利用できる地域に
   開かれた保育園としての機能を果たします。
 5、職員一人一人が自ら自己研鑚し人間性と専門性の向上に努め、共通理念のもとに保育を
   行います。


(3) 保育目標
  
どもは豊かに伸びていく可能性を内に秘めています。保育園では、その子どもが現在を
 よりよく生き、望ましい未来を作り出す力の基礎を培います。
 
*  安全に留意し、こころも体も健康な子ども。
 
*  一人ひとりを大切にし、主体的にあそび、あそび込める子ども。
 
*  様々な体験を通して、思考力の基礎と創造性を育み、感性豊かな子ども。
 
*  仲間の中で助け合い、力をあわせ最後までがんばり通す子ども。
 
*  元気にあいさつができ、人の話をよく聞き、自分の考えが言える子ども。

 

ページの先頭へ戻る