児童養護施設みんせいかん|社会福祉法人 宮崎福祉会

保育内容

基本方針

理念

みん みんなで
せい 生をうけたよろこび
かん 感じ合える空間

基本方針

社会的養護を担う施設として、子どもの生命と人権を守り、「最善の利益」を目指すために

家庭的養護と個別化

「あたりまえの生活」を保障し、安心・安全な家庭的環境の中で養育する。個々のきめ細やかな自立支援計画に基づき、一貫した自立支援を行う。

基本的信頼感の獲得

子どもが大切にされる体験を積み重ね、信頼関係や自己肯定感を取り戻していけるようにする。
虐待を受けた子ども・特別なニーズを要する子どもには、心理的ケア・専門的ケアなどの治療的な支援を行う。

家庭的支援

家庭支援専門相談員を中心に、児童相談所と連携をとりながら協働していく。
親子間の関係調整・回復支援により、早期の家庭復帰や里親委託等を進める。

関係機関連携・地域支援の機能強化

市町村・児童相談所・学校・幼稚園・病院等との連携を図る。
地域に拓き、退所した子どものアフターケア、里親支援、地域の子育て家庭
への支援(ショートスティ事業等)などソーシャルワーク機能を充実させる。

職員の資質向上とチームワーク

セカンドステップ・コモンセンスペアレンティングのスキルを全職員が習得するとともに、専門的な援助技術向上を目指した研修を充実する。
職員がひとりで問題を抱え込まないように、互いにおもいやり・助け合う「相互補完的な関係」を築き、施設全体の養育・支援の質を向上させる。

ページの先頭へ戻る